写真

12月1日放送の「グランメゾン東京」(TBS系)第7話の終盤で、木村拓哉演じる尾花に対して露骨な嫉妬の炎を燃やし、鈴木京香演じる倫子に突然「好きです」と告白した沢村一樹演じる京野。また、今回の第7話では、三ツ星を獲るための料理人たちの奮闘より、及川光博演じる相沢の家庭問題がクローズアップされ、ネット上では「こういう夫婦や親子の問題をメインにしたストーリーは『グラメゾ』にはいらない」「もっと三ツ星を獲るための職人たちのドラマに重点を置いてほしい」といった意見が続出しているのだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング