写真

楽天・辰己涼介

●阪神4-9楽天○ <1回戦・甲子園> 楽天が延長10回に一挙5得点。連勝でリーグ首位の座をガッチリと守り、交流戦は8勝5敗で最高勝率の可能性も見えてきた。 楽天は先発の美馬が3回4失点で降板。序盤から追いかける展開になったが、4番・ブラッシュが1打席目に19号ソロ、3打席目には左前適時打を放つなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング