写真

日本ハム・吉田輝星

◆3回5失点だった中日戦に続き、2戦連続のKO 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手が14日、ロッテとの19回戦(東京ドーム)でプロ3度目となる先発登板。ロッテの荻野貴司外野手に2打席連続本塁打を浴びるなど、3回途中6失点で降板した。 吉田輝は初回、先頭の1番・荻野にフルカウントからの直球を左翼席へ運ばれた。先頭打者被弾でいきなり先制点を許すと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング