写真

関連画像

横浜駅の商業施設で6月に起こった異臭騒ぎで、30代の男性会社員が催涙スプレーを噴射した疑いがあるとして、神奈川県警戸部署が8月16日、暴行容疑で書類送検したと報じられた。 神奈川新聞によれば、男性は事件の翌日に催涙スプレーを持って、近くの交番に自首していた。10〜50代の男女計24人に催涙スプレーを吹きかけ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング