写真

関連画像

日本弁護士連合会は11月16日、東京・霞が関の弁護士会館で死刑制度について考えるシンポジウム「死刑廃止を考える日」を開いた。死刑を執行する立場にあった法務大臣経験者の杉浦正健弁護士と平岡秀夫弁護士、日弁連死刑廃止検討委員会の小川原優之事務局長らが登壇し、死刑制度のあり方について、国民的な議論が必要だと訴えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング