写真

関連画像

両親が子どもの親権をめぐって争っていた裁判で、東京高裁(菊池洋一裁判長)は1月26日、母親を親権者と判断した。一審の千葉家裁松戸支部は昨年3月、長女(当時8歳)と6年近くも会っていない父親に親権を認め、母側が控訴していた。 高裁は、親子がどれだけ多く会えるかという「寛容性」を重視した一審判決を退け、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング