写真

関連画像

ヤマトHDは4月28日、都内で記者会見を開き、2017年度の宅配便個数を前年度から8千万個(約4.3%)減らすなどの労働環境改善策を発表した。ヤマトHDの山内雅喜社長は、「現場に目が行き届かなかったことで、多くの社員に多大な負担を強いていた」「労働時間の管理が万全ではなかったことに大いに反省している」と謝罪した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング