写真

関連画像

「日本は1万円札を廃止せよ」。米ハーバード大のケネス・ロゴフ教授による、こんな刺激的なタイトルの論考が、日本経済新聞(8月1日付)に掲載された。 ロゴフ教授は、高額紙幣の廃止によって、脱税やマネーロンダリングなどの犯罪が減少し、電子決済の普及にもつながるという。 ロゴフ教授によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング