写真

関連画像

名誉を毀損したり、プライバシーを侵害したなどの理由で、雑誌や本の出版及び販売に対し、差し止めの仮処分決定や差し止めを認める判決が下されるケースがあります。また、何らかの理由で出版社側が絶版を決定し、出版物を回収する場合もあります。 もしも販売前のものであれば、通常は書店から回収され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング