写真

関連画像

外食や流通などの労働組合が加盟する「UAゼンセン」は8月10日、東京・霞が関の厚生労働省で、従業員が顧客から受ける悪質なクレームについて早期に対策を講じるよう加藤勝信大臣に要請した。 対策を求める約176万人分(集めた期間は今年2月ー7月)の署名も提出し、加藤大臣からは「署名を真摯に受け止めたい。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング