写真

関連画像

覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われた男性の裁判で、さいたま地裁は7月下旬、男性が「トイレに行きたい」と訴えたにもかかわらず、警察官が所持品検査をつづけたことは違法だとして、無罪(求刑:懲役4年)の判決を言い渡しました。 男性は2017年11月、さいたま市内の駐車場で、2人の警察官から職務質問を受けました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング