写真

関連画像

関東圏の大手フィットネスクラブ内でエステサロンを経営する「スイート・ピア」(本社・東京都渋谷区、高田知美代表取締役)で、過労死ラインを超える長期労働があったにもかかわらず、残業代が未払いであるなどとして、元社員の20代女性2人が同社を相手取り、賃金合計約500万円の支払いなどを求める労働審判を8月20日、東京地裁に申し立てた。 申立人の女性2人と代理人の指宿昭一弁護士らは同日、厚労省記者クラブで記者会見し、過酷な労働実態に加え、店長から人種差別的なパワハラがあったことを訴えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング