写真

関連画像

2014年に発覚した「ベネッセコーポレーション」(岡山市)の顧客情報流出事件をめぐり、顧客ら計462人が精神的苦痛を受けたとして、同社とシステム開発・運用を行っていた関連会社に対し、慰謝料など計3590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が昨年12月27日、東京地裁(河合芳光裁判長)であった。 河合裁判長は関連会社の賠償責任を認め、1人あたり3300円(計約150万円)の支払いを命じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング