写真

関連画像

偽装結婚をしているとして入管法違反の罪に問われたフィリピン国籍の女性(55)と日本人の男性(52)に対し、東京地裁は3月19日、いずれも無罪判決を言い渡した。2人の弁護人である関谷恵美弁護士らは同日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見。男性は保釈を求めてきたが許されず、父親の臨終にも立ち会えなかったといい、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング