「生活を盗撮・盗聴している可能性も」偽アプリ詐欺がどんどん高度化している

文春オンライン / 2018年12月17日 17時0分

トランプ大統領の登場以来、「偽(フェイク)ニュース」という言葉が流行語になっている。だが、ウェブ上の「フェイク」は、それだけにとどまらない。偽サイトから、偽アプリ、偽メール、偽メッセージ、さらには偽ニュース、偽広告、偽仮想通貨まで、何でも揃っている。 おそらく私たちにとって、最も身近で最も危険なのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング