閉店相次ぐ“立ち食いそば” 柴又の再開発で名店「新華」はどうなる?

文春オンライン / 2019年1月8日 11時0分

平成最後の年末年始。平成30年も激動の1年であった。経済では米中経済摩擦、トランプショック。立ち食いそば店も閉店が相次いだ。池袋西口の「大黒そば」、東十条駅北口前の「そば清」、新潟駅ホームの「新潟庵」、志村坂上駅近くの「いなば」など。 神田三崎町の「とんがらし」は平成の元号が変わる頃に閉店と伝え聞く。平成時代を駆け抜けた昭和の名店が姿を消していくのは何ともつらい。 柴又の創業45年「新華」も閉店なのか…… 大都市や首都圏近郊の街中の個人経営の立ち食いそば屋は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング