写真

謝罪した運営(AKS松村匠氏[左]と早河麻依子新支配人[右]) ©共同通信社

NGT48メンバー山口真帆(23)への暴行事件で、1月10日に運営側は「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、(中略)推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と公表していたが、帰宅時間の情報を犯人グループに伝えていたのは、20代前半の大学生Cであることが「週刊文春」の取材でわかった。 今回、逮捕(不起訴)されたのは、A(25歳・無職)とB(25歳・大学生)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング