「ヒカキンさえいなければ」で自己嫌悪。親の葛藤を痛感する

文春オンライン / 2019年1月17日 7時0分

子どもを育てていると、自分の人生を追体験しているかのような錯覚を覚えます。 まあ、半分は自分でできているわけですし、なにかしでかすたびに「ああ、そういうことをやって親父に怒られたなあ」という甘酸っぱい記憶と、なにかやらかした息子に「やめろよ!」と怒る自分にかつての親父をダブらせるのであります。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング