東京五輪に10種競技で出場し、巨人のコーチとなった男の「波乱の人生」

文春オンライン / 2019年1月21日 11時0分

「城之内のことは随分走らせました。柴田は“五輪の選手になるわけじゃない、俺はプロ野球選手なんだ、走らなくていい”ずっとそんな感じでしたね」 読売巨人軍の日本シリーズ九連覇、いわゆる“V9”達成のウイニングボールを手にしながら、鈴木章介はV9戦士達の素顔を語り始めた。 鈴木は1964年東京五輪に陸上10種競技で出場し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング