「女子高生の流行」から脱却目指すTikTok おじさん流入で成功するか

文春オンライン / 2019年2月21日 17時0分

2018年の携帯アプリ業界を席巻したのがショート動画アプリ「TikTok」だ。音楽に合わせて、リップシンク(口パク)やダンスをして15秒間の動画を制作、共有するのが基本的な使い方だ。 世界で4番目にダウンロードされているアプリ 中国のバイトダンス(北京字節跳動科技)社が開発したもので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング