JOC竹田会長辞任の舞台裏 “外堀”はどのように埋められたのか

文春オンライン / 2019年3月22日 6時0分

東京五輪を来年に控え、ホスト国の“顔”であるJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長(71)がついに表舞台から退く。 「今年1月、仏司法当局が東京五輪招致に絡む贈収賄疑惑の捜査に着手したと報じられた。その直後に、竹田氏が自己保身の弁を述べた“7分間”の記者会見で、潮目が変わりました」(スポーツ紙記者) さらに今年6月の役員改選にあたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング