写真

※写真はイメージです ©iStock.com

大きな反響を呼んだ「“バチカンの悪夢”が日本でもあった!カトリック神父『小児性的虐待』を実名告発する」(文藝春秋3月号)の発表から2か月、日本のカトリック教会の全国組織が国内の被害の実態調査に向けて動き出す。 ◆◆◆ 事前の予定にはない“和解”の瞬間だった。 「聖職者によって性的虐待を受けた人が勇気を持って語ってくださった。深い敬意を表したい」 黒いブレザーの首元に白いローマンカラーをのぞかせた大司教が壇上で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング