写真

萩生田光一自民党幹事長代行 ©時事通信社

安倍晋三首相の側近中の側近、萩生田光一自民党幹事長代行の数々の発言が波紋を広げている。一体どのような思惑があるのだろうか?その反響とともに、あらためて振り返ってみたい。 萩生田光一自民党幹事長代行 「6月の日銀短観で、この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。違う展開はある」 共同通信4月18日 4月18日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング