写真

4月24日、千葉県内の病院で亡くなった小出義雄氏 ©文藝春秋

4月24日、陸上長距離の指導者、小出義雄氏が死去した。享年80であった。 1992年のバルセロナで銀、1996年のアトランタで銅と2つのオリンピックでメダルを獲得した有森裕子、2000年のシドニー五輪で金メダルに輝いた高橋尚子ら、育て上げた名選手は数多い。まぎれもなく名指導者であった。 “常識外れ”の3500メートル合宿 振り返れば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング