リクシル前社長・瀬戸氏はなぜ泣き寝入りせず、潮田氏と戦うのか

文春オンライン / 2019年5月20日 6時0分

住設機器大手のLIXILグループで混乱が続いている。 始まりは、LIXILグループの前身会社の1社である旧トステム創業家出身の潮田洋一郎氏が昨秋、CEO(最高経営責任者)だった瀬戸欣哉氏を事実上解任したことだった。その経緯が不透明だとして英米の機関投資家などが反発、CEOに復帰した潮田洋一郎氏などの解任を求めた。 声をあげた4社の機関投資家は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング