写真

「中村大尉遭難事件」は事件発生から2か月経って情報解禁された 1931年8月18日東京朝日新聞の夕刊

解説:謀略のにおいが付きまとう事変の引き金 現代史でこの事件は、万宝山事件(「満洲」に入植した朝鮮人と中国人が対立。朝鮮半島に住む中国人100人以上が殺害された)と併せて「満洲事変」の引き金になったとされる。中村震太郎大尉は、対ソ連作戦の兵要地誌作成のため、満洲北部興安嶺方面で偵察任務に従事中、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング