写真

©iStock.com

川崎・登戸でスクールバスを待っていた小学生らが相次いで刺された殺傷事件では、犯人は自らの首を切って死亡した。「拡大自殺」の一種であるとされたことから、テレビのコメンテーターやSNSでは「一人で死ねばいい」という言葉が飛び交い、その是非をめぐって論争にまで発展した。 「一人で死ぬ」ことを選ぶ若者は少なくない 筆者は1990年代後半から自殺や自殺未遂をテーマに取材をしている。最近では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング