写真

月例経済報告等に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相(左から3人目)ら=18日、首相官邸 ©時事通信社

退職後の老後資金として「約2000万円が不足する」と指摘した金融庁の報告書をめぐる混乱が止まらない。政府の報告書への対応は「受け取らない」から「(報告書は)なかった」ことになり、「質問にも答えない」ことになった。一体、どのような思惑があるのか?閣僚の発言を追った。 閣議決定 「報告書を前提としたお尋ねにお答えすることは差し控えたい」 BuzzFeedNews6月19日 政府は6月18日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング