なぜ新宿駅の「箱根そば」では1日2000杯も売れるのか? 人気の秘密を直撃してみた

文春オンライン / 2019年6月25日 11時0分

「箱根そば」といえば、小田急線の名わき役的存在の人気の駅そば店である。自分も昭和の終わり頃、下北沢駅改札ヨコにあった「箱根そば」で「かき揚げそば」を食べて感動した記憶がある。それ以来、小田急線を乗り降りすれば必ず暖簾をくぐってしまうわけである。 「箱根そば」を経営する会社は(株)小田急レストランシステムである。今回は代々木にあるこちらの会社に訪問して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング