写真

7月11日、参院選の公示後初めて九州入りし、有権者に手を振る安倍晋三総理 ©共同通信社

「令和初」の参議院選挙が、7月21日に迫っている。今回の選挙でも経済が大きな争点の一つとなっているが、安倍政権の看板政策でもあるアベノミクスをめぐっては、与党が「成果」を強調する一方、野党は「失敗」と断じている。実際、共同通信の3月の調査によると「景気回復の実感のない人が84.5%」に達するなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング