写真

経産省で行われた「輸出管理に関する事務的説明会」 ©共同通信社

日本政府が7月に発表した韓国向け輸出規制強化措置によって、日韓関係は官民を巻き込んで泥沼化の様相を見せている。 7月5日、ソウルで日本製品の不買を呼びかけるデモがあった。韓国メディアによると、日本国籍のタレントの韓国内での活動禁止や、果ては「修学旅行(スハク・ヨヘン)」といった日本語に由来する韓国語の使用禁止といったことまで論じられ始めた。 まさに「坊主憎けりゃ」を地で行く動きだ。 韓国大統領府に勤務した元高官もかつて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング