写真

大島てる氏 ©文藝春秋

練炭自殺の現場にマンションを建てたらやっぱりヤバかった大島てるが語る“あるオーナーの悲劇”から続く 私が「事故物件の聖地」と呼ぶその住宅は、どの駅からも離れた町にひっそりと佇む、3階建てのアパートです。アパートといっても、そんなに大きな建物ではありません。少し大きめの一軒家の1階部分に大家の仕事場と居住スペースがあり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング