写真

©志水隆/文藝春秋

「歴史探偵」として、日本近現代史を見つめ続けてきた作家・半藤一利氏は、昨年、当時の天皇陛下の侍従から依頼を受け、悠仁さまに講義を行った。テーマは「太平洋戦争はなぜ起こったのか?」。半藤氏が2時間半にわたり悠仁さまの“家庭教師”を担ったその日は、奇しくも8月15日だったという。 そして今年も8月15日を迎えた。戦後74年というタイミングで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング