写真

星亨 ©文藝春秋

解説:汚職が“箔付け”になった新聞人と、転落のきっかけになった政治家 いまも首都東京にある官公庁でさまざまな形の汚職が起きる。しかし、大正の終わりから昭和の初めにかけての東京市会(現在の東京都議会)ほど、疑獄の巣窟、「汚職のメッカ」と呼ぶにふさわしい存在はなかったのではないか。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング