写真

韓国戦の初回、佐々木に声をかける永田監督(右) ©共同通信社

優勝を期してU-18野球W杯に臨んだ日本代表は、5位という惨敗に終わった。 奥川恭伸(星稜)が18三振を奪ったカナダ戦の7回裏。2対1とリードした攻撃中、飯塚脩人(習志野)がブルペンで投球練習していた佐々木朗希(大船渡)に歩み寄り、こう告げた。 「この回、点数が入ったらオレだって」 つまり最少失点差のままなら佐々木、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング