写真

日本郵政の長門正貢社長 ©共同通信社

かんぽ生命保険の不正販売問題が波紋を広げている。 契約を低い予定利率のものに切り替えさせたり、契約を乗り換えた顧客に保険料を二重払いさせるなど、不適切と疑われる契約は18万件を超える。 金融庁はかんぽ生命と日本郵便への立ち入り検査に着手した。検査の結果を踏まえて、業務改善命令などを検討する方針だ。 経営陣は本当に「把握していなかった」のか? 「国民の味方であったはずの郵便局が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング