写真

試合後に握手を交わす田村優とスコットランドのジェイミー・リッチー。2人は試合中にもみ合うシーンもあった ©getty

日本ラグビーの歴史が動いた。 10月13日、世界ランク8位の日本代表がスコットランド(同9位)を28-21で下し、史上初の決勝トーナメント進出(試合後に日本は同7位に)。 では、ラグビーの母国・イギリスのメディアはこの歴史的快挙をどう報じたのだろうか。 ◆◆◆ 「日本ほど大会を盛り上げているチームはない」 まず高級紙ガーディアン(TheGuardian)から見てみよう。オンライン版で下記のような見出しで日本の戦いを速報で伝えた。 “JapanhangontoreachRugbyWorldCuplasteightandsendScotlandout” 「日本が“踏ん張って”8強進… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング