写真

プロ志望表明の会見での大船渡の佐々木朗希投手(10月2日) ©共同通信社

いよいよ10月17日午後5時、運命のドラフト会議が始まる。163キロ右腕、“令和の怪物”と呼ばれた大船渡の佐々木朗希、甲子園を沸かせた星稜の奥川恭伸らの上位指名が予想されている。 この日を迎えるまでに様々な経歴を積んできた高校球児たち。彼らを長年取材してきた、『投げない怪物佐々木朗希と高校野球の新時代』(小学館、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング