写真

慰安婦像に続いて徴用工像まで設置 ©共同通信社

「本件は1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決している。今般の判決は国際法に照らしてあり得ない判断だ」 韓国の大法院(最高裁)が日本企業に対して、元徴用工たちへの賠償金支払いを命じたいわゆる「徴用工判決」から、今月で1年が経過しようとしている。 昨年10月に判決が出た際、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング