写真

ロッテの1位指名を受け、記者会見で汗を拭う大船渡の佐々木朗希投手  ©共同通信社

運命のドラフト会議の結果、 “令和の怪物”こと佐々木朗希投手(大船渡)の交渉権は、ロッテが獲得した。この春の岩手大会から佐々木投手に密着し、ドラフト会議当日も大船渡高校で取材を続けていた、『投げない怪物佐々木朗希と高校野球の新時代』(小学館)の著者、ノンフィクションライターの柳川悠二氏の特別レポート。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング