写真

©相崎修司

11月19日に行われた第69期大阪王将杯王将戦の挑戦者決定リーグ戦は、類を見ないほどの注目を集めた。4勝1敗で並んでいた広瀬章人竜王と藤井聡太七段の直接対決があり、勝った方が渡辺明王将への挑戦権を獲得する。藤井には最年少タイトル挑戦の記録もかかっており、多くの報道陣が集まった。 10代でタイトル戦に登場した棋士はわずか3名 王将リーグは定員7名、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング