写真

事件を報道するテレビ番組(日本テレビ系『NEWS ZERO』より)

2015年、埼玉県熊谷市で小学生2人を含む6人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われたペルー国籍、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決が12月5日、東京高裁であった。 高裁は死刑とした一審を破棄し、無期懲役を言い渡した。被告が統合失調症の影響で心神耗弱の状態だったと認定した。 p.p1{margin:0.0px0.0px0.0px0.0px;font:12.0px'HiraginoSans'} span.s1{font:12.0px'HelveticaNeue'} ナカダ被告は被告人質問で「殺していません。もし私が6人を殺していれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング