写真

入団会見後、球場を背にガッツポーズ ©共同通信社

1995年、幼稚園の卒園文集に「ぷろやきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです」と記した少年が、夢の舞台に辿り着いた。 西武から海外FA権を行使し、レッズと正式契約した秋山翔吾外野手(31)。彼はなぜ、これまで日本人が所属したことのない“未知の球団”を選んだのか。 「本拠地のシンシナティはオハイオ州の静かな田舎町で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング