写真

1月15日、環境省の働き方改革に関する会議で、第一子誕生後に「育児休暇」を取得する考えを表明する小泉進次郎環境相(左) ©時事通信社

小泉進次郎の「育休」を新聞各紙はどう伝えたか。1月16日の紙面を見てみよう。 「小泉環境相が育休取得へ『改革にトップダウンも必要』」と伝えたのは日本経済新聞。 特別職の国家公務員である閣僚や国会議員には法律で定められた休暇制度はない。なので、 《小泉氏は休業中に給付が出る法制度の「育児休業」とは異なる「育児休暇」を取るため、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング