写真

©渋井哲也

待機児童対策で保育園の増設と保育士の確保が課題になる一方で、保育の質も同時に問われている。保育園に預けられた子どもが死亡するケースもあるからだ。8月末には、さいたま市の認可保育園のプールで女児が溺れ、死亡する事故が起きている。 保育中の重大事故の検証については2016年度から自治体の努力義務となった。さらに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング