写真

©iStock.com

利用者が増える一方の“ふるさと納税”。返礼品競争が加熱するなか、その実態と注意すべき問題点を、財政学者の橋本恭之・で関西大学教授が解説する。(出典:文藝春秋オピニオン2018年の論点100) 72億から2540億へ。過熱する「ふるさと納税」 ふるさと納税は、納税者にとっては自己負担額をはるかに上回る豪華な返礼品を獲得できるお得な制度であり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング