朝日新聞前社長が初告白 「W吉田誤報」の内幕

文春オンライン / 2018年2月19日 7時0分

平成26年8月、朝日新聞は過去の慰安婦報道を検証し「吉田清治証言」を取り消した。だが謝罪がないことが批判を呼び、また翌月には元福島第一原発所長・吉田昌郎氏の「吉田調書」についても誤報が判明。責任を取って社長を辞した木村伊量氏(64)が当時を振り返って綴る。 ◆◆◆ 朝日新聞社の社長を平成26年末に辞して以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング