レスリング栄氏に新たな疑惑 指導実態のない妻にJOC強化費720万円

文春オンライン / 2018年3月21日 16時0分

日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)に新たな疑惑が浮上した。強化指定選手に関する強化費、計720万円が、指導実態のない栄監督の妻である後藤優子さん(仮名)に支払われていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。 有望選手は世界選手権などの成績に応じ、JOCの強化指定選手に選ばれる。2012年までは選手1人につき、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング