女性は生涯で12人に1人が乳がんに――乳がん手術の現在

文春オンライン / 2018年9月25日 7時0分

かつて、乳がんの手術は全摘のみならず、あばら骨まで浮き出る過酷なものだった。しかし、乳房温存や乳房再建、リンパ節切除の省略など、患者のQOL(生活の質)に考慮した手術が工夫されるようになった。経過が長い病気なだけに、医師選びも大切だ。 ◆◆◆ 乳がんは女性にとって、非常に身近で気になる病気だろう。 国立がん研究センターの発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング