日本軍兵士の過酷すぎる実態 語り継がれていないアジア・太平洋戦争 

文春オンライン / 2018年5月23日 7時0分

アジア・太平洋戦争による日本人死者は、民間人が80万人、軍人・軍属が230万人の計310万人。日露戦争の戦没者が9万人であることを踏まえると、とてつもない数字だ。さらに驚くべきことに、その9割が戦争末期、1944年以降のわずか1年ほどのあいだに亡くなったと推算されるという。短期間に甚大な死を引き起こす要因となった、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング